最新記事をチェック!

- 【国内最強】日本語サイトで安心無修正【カリビアンコム】 -

「ちぃこぉくぅだぁあ~~ッ!!」  
太陽の光心地良い早朝に、とある場所へと急ぐ少女が一人。夢原のぞみである。  
朝に弱い彼女は今日も母に起こして貰ったにも拘らず、朝食を夢中で食べていた所為で時間を忘れてしまい、  
学校へと向かうバスの出発時刻ギリギリに、家を飛び出してしまったのだ。  
走って間に合うかどうか分からない...けれど走らない訳には行かない。  
のぞみは必死に走って、漸くバス停が見えた。そしてそこには運良く丁度、バスが停車しているではないか。  
「そのバス待ってーーッ!!乗ります!乗りま~す!!」  
正しく神が差し出してくれた幸運とばかりに、のぞみが勢い良く乗り込んだ瞬間、搭乗口が閉まる。  
「セーフ!せぇーーふ!!」  
そんな独り言を言いながら、空いてる席はないかと辺りを見渡しながら奥へと進む。  
(出来たら窓側がいいなぁ)  
しかし現実は厳しく、既に座席は通勤サラリーマン達によって占拠されていた。  
若い男から中年の男まで様々だ、しかしおかしいかな。  
普段バスの中は、自分と同じように学園へ向かう生徒ばかりの筈なのに...、今日に限って生徒の姿は見当たらない。  
そんな疑問を感じながらも、まぁいいかとあっさり切り捨て、  
のぞみは釣り皮に手を伸ばし、通路から流れる窓の景色を眺める事にした。  
 
 
バスが出発して、暫く経った頃それは始まった。  
停車予告のアナウンスも無いのに、今まで座席に座っていた数人の男が通路に移動し、  
しかものぞみを囲むように立ち始めたのだ。  
最初は気の早い人たちだなぁ等と思っていたのぞみだが、  
その中の一人が自分の尻に手を伸ばして来た現実に、驚き、身体を硬直させた。  
(な、ななな、何コレ何コレ?!コレってまさか...ち、痴漢?!)  
触れてくるのは手の甲ではなく、明らかに手の平で、  
それも撫でるように触られたのだから、偶然ではない。確信犯だ。  
のぞみは激しく動揺しながらも、慌ててスカートを押さえ、少しでもその手から離れようと一歩前へ踏み出した。  
(どうしよう...あ、声...声出さなきゃ...ひゃ!?)  
でももし相手が怖い人だったらどうしようとか、頭の中で色々考えるが、その間にも痴漢男の行為は増して行く。  
のぞみが前に進んだと共に背後の男も前に進んで来て、再び尻を撫でられ、今度は強く揉まれもした。  
(気持ち悪ぃい...もう許せない)  
「ちょっとおじさ...んぐっ?!」  
声を上げながら後ろを振り返ろうとした時、突如その男のもうひとつの大きな手が伸びてきて、口を塞がれる。  
背後の男はとてもふくよかな体型で、手の汗が酷い。  
そんな予想だにしてなかった出来事に驚き、夢中になって暴れ声を上げるが、  
眼の前の座席に座っている男は、のぞみの方を見向きもしない。  
それ以前にバスの乗客誰一人として、のぞみ達に感心を示していないのだ。  
(何で?何で皆...)  
愕然としながらも抵抗を続けるのぞみに、今度は複数の手が伸びてくる。  
床にしゃがんだ中年の男二人が、のぞみの足を左右に大きく開かせ、太股を撫で回してきて、  
先程から尻を触っていた背後の男は手を離し、のぞみの身体を抱き締め、今度はスカートを一気に捲り上げた。  
そして下着越しに何度も秘所を撫でる。密着している背後の男の下半身が硬い。  
所詮幼い女子中学生の抵抗など、体格の良い大の大人の男からすれば、押さえ込んでしまう事等容易な事。  
男達は次々と尻を撫で上げ、太股を舐め回し、のぞみの敏感な部分を攻めていき、  
その度に身体がビクッビクッと震え、彼女自身変な声を漏らすまいと懸命に堪えていた。  
「んんっ...ッ......ぅん...」  
息苦しさが増すに連れて、下半身への刺激もどんどん激しくなる。  
のぞみの身体に群がる男の数も増えていって、  
最初から大胆だった男達は、手を伸ばし、のぞみの幼い胸の周りを弄り始めた。  
鞄は床に落ち、制服の上着は取り上げられる。  
男達は薄い制服の上から、両胸を強弱をつけて揉みながら、  
両腕はそれぞれ違う男達に捕まれ、立った状態のまま人形の様に拘束されたしまった。  
時折指を舐めてくる男の舌が気持ち悪い。  

そんな中バスが信号で停車して、暫くしてまたゆっくりと動き出す。  
(こ、このバス...絶対変だよ)  
先程から信号で止まる以外は、ずっと走り続けている。何処へ?分からない。想像も出来ない。  
その間ものぞみの身体は男達の手によってに責められ、既に自分だけでは立っていられないくらい感じてしまっていた。  
自分の力では敵わない...でも誰も助けてくれない...  
そんな絶望感にさえなまれながら、こんな時プリキュアになれればと思う。  
しかしこんな所で変身すれば、正体がこの大勢の最低な男達にばれてしまう。  
バスの中という逃げ場のない密閉空間。  
周囲の男達の欲望が自分の身体に注がれている事を悟り、のぞみは泣きそうな自分を必死に叱咤した。  
そして彼女は気付いていない。  
既に自分の手首から、大事なピンキーキャッチュが奪われていた事に...。  
 
急に視界が反転する。  
 
背後の男がのぞみの膝裏に腕を入れ、身体を持ち上げて、足を開かせた。  
口を覆っていた手が外されたので、思いっきり酸素を吸い込み、のぞみはまた声を荒げた。  
「やだやだ止めてよっ!!止めてったら、このヘンタイ!!」  
その叫び声に眼の前の座席に座っていた男が、ゆっくりと振り返る。  
そしてのぞみの開かれた股の間を、じっくり品定めするかのように見始めた。  
「何...?ちょっと...」  
顔を近付け臭いを嗅ぎ、布の上から秘所の周囲を念入りに指先で弄り、  
やがて強引に下着を脱がしていく。  
のぞみの恥部は今だ茂みを覆っていない、とても幼いものだった。  
耳に男達の荒い息遣いが聞こえてくる。  
「あぅ...ぅ......!」  
眼の前の男は露になったのぞみの秘所の割れ目に舌を差し込み、小刻みに動かしながら丁寧に舐めて行く。  
最初はくすぐったくて思わず身体を揺らし笑ってしまったのぞみだが、やがてその絶妙な舌の動きは、  
本能的にのぞみの女を刺激し、着実に彼女を快感の渦へと押し流してしまう。  
割れ目の殆どが男の唾液に塗れ、やがて男の舌は膣口を舐め始める。  
閉じられた肉襞を親指で開き、隠された恥肉の穴の中に舌を差し込む。  
それはそれは熱い熱に犯され、少しずつではあるが着実にその入口を解放させていく。  
絡まった男の唾液がクチュクチュと卑猥な音を立て、車内中に響き渡って...、  
それでもバスは相変わらず走り続けていた。  
 
――ブブブ...  
機械的な異音が、のぞみの聴覚に届く。  
その聞き慣れない音はバスの騒音の中でも、十分聞こえる低音で繰り返し響いて、  
そしてそれがのぞみの最も敏感な穴の中に、挿入されてしまう。  
この物体が世に言うローターである事等、健全な中学生であるのぞみが知るよしもない。  
「んぅーーッッ!!!」  
挿し込まれたローターは激しい振動を与えながら、のぞみの蜜壺の中で暴れ回る。  
のぞみの抵抗が薄れたのを好機とばかりに、男達は器用に制服を脱がに掛かり、  
キャミソールと下着だけを残し、また全身に愛撫を加えていく。  
のぞみの身体に触れる事の出来ない離れた席の男は、その制服の匂いをコレでもかと嗅いでいた。  
キャミソールとブラを捲し上げられ、露出した乳房を、  
争うように無数の男が交互に舐めたり、噛んだり、摘んだりを繰り返す。  
抵抗の出来ない事をいい事に、男達は代わる代わるのぞみの体を弄んでいった。  
 
もぞもぞとした何ともいえない感覚が、のぞみの身体を擽る。  
全てはローターの振動の所為、そして自分に触れてくる男達の手の動きの所為。  
のぞみの熱に潤んだ瞳に映ったのは、自分を取り囲んでいる男達のニヤついた表情だった。  
目の前の男は先程からローターを、押し広げた割れ目の奥に出したり入れたりを繰り返し、  
同時に恥裂を弄る男達の指の数は次第に増えていき、既に何本もの指が這いまわっていた。  
今まで何一つ受け入れたことの無い秘所は、たった数分の間に様々な経験を踏んでいく。  
「く、ぅ...ぅうんっ!... 」  
顔を紅潮させて耐えているのぞみの顔を観察して、カメラで撮影している者も少なくない。  
拒絶するのぞみの意識とは反対に、敏感な部分を弄られ続けている若い肉体は素直に反応を示し始め、  
のぞみの秘裂からは卑猥な涎が溢れ、流れ始めていた。  
途端乳房を弄んで居た男が、力強く小さな乳首を摘む。  
「あっっ...!!」  
思わず声を上げてしまったのぞみを、周りの男達がゲラゲラと笑う。  
それに追い討ちを立てるように、秘所を濡らす粘液を啜る音が聞こえ、  
必死に堪えていた涙が溢れてしまった。  
中が潤ったのを確認した男はローターを引き抜くと、膨らんだ敏感な肉芽へ直に触れさせた。  
「やぁ!!何?何ッ!?あ、あぅっ...いっ、ぁ...ああぁっ!!」  
鼻にかかった喘ぎを発し、身体全身が強張り、また緩み、強張り...、  
それを繰り返していくうちに、 のぞみは声と共にその身体を震え上がらせた。  
大きく背を反らし、びくびくと痙攣しながら、声を上げて昇り詰めていく。  
男達に性的絶頂を迎えた事を知らせ、のぞみは男達の視線を一身に受けながら、  
しばらくの間我を忘れ、ひくひくと身体を震わせていた。  
 
正気を取り戻したのは、最後尾の座席に押し倒された時の衝撃の所為。  
「ひッ!?」  
背中に感じるバスのシートは、チクチクと痛い。  
しかし実際それは些細な事で、両腕を頭の上で押さえつけられて拘束され、  
一人の中年男によって足を大きく開かれる。  
そしてその男の男根先端が、膣入口に宛がわれた。  
ヌルヌルとした張りのあるとても熱くて硬い感触に、のぞみは身体の震えが止まらない。  
「ウソ...ヤだ...止めてよ。.........やだ...嫌ぁああッ、ッッ!!」  
身体の中心を真っ直ぐに貫く激しい痛みに、のぞみは悲鳴をあげる。  
いくら慣らしたとはいえ処女の膣口は狭すぎて、ましてや大人の巨大な一物を受け入れられるほど、  
のぞみの身体は女として成熟しきっていないのだから。  
泣き叫ぶのぞみを無視して男の熱く硬い肉棒は、着実に肉壁を押し広げて進入していく。  
体中から悲鳴が聞こえる気がした。  
「い、痛い...ッ、あぅう!!やぁあ!!」  
男根が奥一定まで入った時、のぞみの全身にまた別の激痛が走る。  
何かがつっかえたのか、これ以上の侵入を阻止される感覚を覚えた男は、  
その詰まりを破く為に、力を込めて腰を押し出し挿入する事で打ち負かした。  
処女膜を突き破った男根は子宮入口まで到達し、男は暫くの間一切の動きを止め、のぞみの締め付けを堪能する。  
何しろのぞみの膣壁は元の狭さに戻ろうと強烈に締め付け、  
異物を押し返そうとしてくるのが一物にはたまらなく気持ち良いので、男はそれを大いに喜んだ。  
一方のぞみは己を襲う痛みに涙し、もはや抵抗する気力等残ってはいなかった。

 やがて男は停止していた動きを再開し始める。  
男が自身を激しく動かす度に、傷ついた膣内からは、破瓜の血が愛液に混じって流れ出ていた。  
太い亀頭が膣道を擦り上げ、捲り上げ、押し広げていく。  
経験の無いのぞみにはその行為からは一切快楽を感じられず、ただただ鈍い痛みだけが走る。  
そんなのぞみを無視して、男は荒い息を吐きながら激しく腰を叩き付け続け、  
周りの男達は淫液に塗れたのぞみの秘所から、  
赤黒い肉棒が出し入れされている様を、己の一物を慰めながら見つめていた。  
 
何度と無く繰り返される突き立てに、暫くして変化が訪れる。  
膣内に差し込まれる一物が、時折大きく蠢いている事にのぞみは気が付いた。  
大きな不安と恐怖が一気に押し寄せる。  
「...や...ッ!...抜いてお願い!!抜いて!抜いてぇッッ!!」  
男はその言葉に急かされて、更に激しく腰を叩きつけ始めた。  
一際激しく、一際力強く突きたてて最も深くまで一物を挿し込んだ瞬間、  
先端から熱い液体が迸り、のぞみの膣内を満たしてゆく。  
体内に熱い体液が流し込まれ溢れるのを感じ、涙が止まらない。  
「......ふぁ、...っァ...んぁああッ!!」  
そしてそんな精液の流れを感じながら、のぞみもまた高みへと到達してした。  
達した膣内は男の一物を締め付け、溢れ出す精液全てを搾り取ろうとしているようだった。  

 

長い射精を終え、収縮する膣のきつさを味わってから、男は満足そうに笑いながら男根を抜き取る。  
栓を失った膣口からは、しばらくして白い粘着性の高い液体が溢れ出す。  
男は瞳を虚ろにさせ呆然としているのぞみの髪を掴むと、無理やり引き起こし、  
そしてその眼前に泡立った生臭い液体まみれの一物を突き出して来た。  
顎を掴み、口をこじ開けると、男はその中に自身を押し込んでゆく。  
信じられない苦味が口の中に広がり、のぞみは苦痛に目をきつく閉じた。  
押し込まれた一物は口内を蹂躙し、喉の置くまで犯して、  
苦しさに咳き込み、頭を振って逃れようとするが敵わない。  
やがて最初こそ小さかった男根は、のぞみの口の中を犯すにつれて再び太く、大きく、硬く戻っていく。  
「あうっ、ぁ......、ぁっ...ぅ」  
その間に空いた膣口に新しい男根が入り込んで来て、熱く切ない吐息がのぞみの口と男の一物との間から溢れる。  
幼い膣を埋めつけてしまう圧迫感を齎す新しい男根は、肉と肉のぶつかり合う激しい音を立てながら、出入りし始めた。  
血管の浮き出た肉茎は適度に解れた肉襞を擦り付け、勢い付いてる亀頭は楽にのぞみの子宮口を突き上げる。  
先の男の精液が潤滑油の役目を果たしているようだ。  
突かれる度にのぞみは、先程までとは違う新しい感覚を感じていた。  
(お、奥に...奥にあたって、る...こんな...これって気持ち...いい...?)  
男根の先端が奥に届く度に、のぞみは小さく声を上げ、身を引きつらせた。  
細い喉を逸らし、幼い乳房を揺らし揉まれながら、のぞみは身体の奥からこみ上げてくる感覚に翻弄されるようになっていく。  
挿入を続ける男はのぞみの細い腰を掴んで、自分の方に引き寄せ、柔らかい秘裂に容赦なく一物を叩き込む。  
張り出した雁首が膣内の襞に擦れ、男とのぞみは互いの快楽が高まっていくを感じていた。  
(...私......も、もぅ......)  
意識が飛びそうな快感の渦の中で、のぞみは男が動きが早まると同時に、全身をのけぞらせた。  
再び絶頂へと登りつめたのぞみの膣内は、ただでさえきついのに更に収縮し、  
包み込んだ男根から精液を搾り取る為に締め付ける。  
それに答えるように胎内の奥で噴き出した精液は、奥へ奥へと注ぎ込まれていき、  
男は背筋を反らせ、ガクガクと身体を痙攣しながら、その放出より生まれた快楽を味わっていた。  
 
 
残された男達はのぞみの開いている手に、自分の一物を握らせ、そのまま動かして扱かせる。  
のぞみの体という体を男達はよって集って蹂躙し、膣内に男が射精し終えると、また別の男が蹂躙し、また射精する。  
まるでそれが当たり前の事のように、何度も何度も繰り返され、  
膣口からは男達の精液とのぞみの愛液が溢れ、太股に幾つもの筋を作って滴り落ちてゆく。  
そんな中顎に手が掛かり、強引に上を向かされると同時に唇を塞がれ、口内へ何者かの舌が進入してきた。  
(嫌...、キスは...ぁ...キスは...!)  
のぞみにとってキスは、とてもとても大切なものだった。  
それが見ず知らずの赤の他人...しかも自分を強姦する男達に奪われた現実。  
あの時事故でもいいからココにされた方が何千億倍も良かったな...そう思いながら、  
絶望と屈辱と後悔...のぞみはココの顔を浮かべて、目を閉じた。  
その後中出しを繰り返す者も居れば、顔に目掛けて射精する者も現れた。  
はたまた胸に精液を擦りつける者に口の中で果てる者...のぞみはそれら全員の精液を一身に浴び続けながら、  
バスに乗っていた男達全員の欲望の捌け口として犯され、陵辱され続けた。  
 
 
 
やがてバスが停まる。  
いつの間にか全ての窓にカーテンが降りており、車内は薄暗くて気持ち悪い。  
それはまるで、今ののぞみの心の中を映したかのよう...。  
そしてのぞみ達を乗せているバスの天井に、ひっそりと張り付いていた仮面が一つ。  
音も立てずに消えていった......。  
 
 
======================  
 
 
 
「流石にやる事が容赦ないね、良くやったよアラクネア君」  
「勿体無いお言葉...ありがとうございます」  
久方ぶりにブンビーに褒められ、アラクネアは思わず笑みを零してしまう。  
ブンビーは先でアラクネアがのぞみから奪ったピンキーキャッチュを腕に付け、  
振ってみたりして、少なからず興味を示していた。  
しかしキャッチュ自体は当たり前だが反応を示さないので、彼は直ぐに飽きてしまいテーブルの上に放り投げる。  
「まぁこれであの小娘はプリキュアにはなれないでしょ。しかーし!だからと言って油断は禁物。  
我々が真に求めるのはドリームコレット唯一つ。...そこんトコ分かってるよねぇ?」  
テーブルに肘を突き、左右の指を絡め、ブンビーはニヤリと笑う。  
一回目が成功したからといって、次も成功するとは限らない。  
油断大敵の言葉を己に言い聞かせ、アラクネアは整然と立ち直して、返事をする。  
「勿論です。奴等の戦力を削ぎ、追い詰めて確実にコレットを奪うこの作戦。  
次はキュアルージュをターッゲットに、罠を張っております。奴がそれに掛かるのも、既に時間の問題かと」  
「いいねいいねぇ!期待してるよ~」  
「はっ、お任せ下さい」  
 
全ては我等がナイトメアの為、そして何よりもデスパライア様の為に  
 
 
 
 
 
 
 
「ところでアラクネア君。さっきの映像DVDに焼き回しして、専門ルートに流してみない?  
マニアに結構いい値で売れそうなんだけどなぁ~」  
「.........」  
「...............」  
「..................」  
「...............じ...冗談だよ」  
 
 
オワリ。  


- Yes!プリキュア5の同人作品 -

このページの上部へ

タグクラウド


サイト内検索+

カテゴリ

ACRランキング

アクセスランキング

Blozooランキング

プロフィール

わしが同人塾塾長、江炉島平八郎である!