【東方 エロ漫画・エロ同人】大量の精力剤を売りつくすべく歩き回っていた優曇華は買ってくれそうな波長の男を発見したが、気が付いたら催眠をかけられていたようで…!?